2013年10月28日

タミヤ 1/24 トヨタ スープラ 製作記 第5回

皆さん、こんばんは。
週末は法事のため帰省しておりました。 よって土日はプラモデルに触ることが出来ませんでしたが、本日は休暇を取っていたので、少し製作を進めることが出来ました。

先週のうちにボディのマスキングを行い、モール部分を塗装する準備をします。

24_supra-01_making17.jpg

全身テープ。(笑)

24_supra-01_making18.jpg

サイドのモールは、若干黒を混ぜたシルバーを吹いています。ウィンドウ部分は黒です。

24_supra-01_making19.jpg

数日置いた後、マスキングを剥がします。ドキドキ!
おおっ! うまく行きました!! 目立ったはみ出しもなく、綺麗に塗装出来ました。\(^o^)/

24_supra-01_making20.jpg

ヘッドライトはオープンにするつもりは無いので閉状態で接着しました。この時点で再びクリアーを吹いて、表面を保護しますが、糸ゴミを噛んだ部分を軽く研ぎ出してからクリアーを吹きました。

24_supra-01_making21.jpg

表面もかなり均一になりました。あとはウィンカーなどのディテールを塗り分け、接着すればボディの製作は終わるでしょう。

24_supra-01_making22.jpg

インテリアはまだ全然手をつけていません。 シートの肉抜きを塞がなければならないので、ちょっと手間がかかりそうです。
ではまた次回。
 
posted by COLT-T at 21:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | カーモデル
この記事へのコメント
ボディはだいぶ進みましたね。
クリアーの乾燥など一番時間が掛かるのがボディなので、あとはゆっくりとインテリアですね。

シートの肉抜を埋めるのは、パテでやった方がいい場合と、プラ板を貼り付けた方がいい場合があるので、どう行うのか興味津々です。
頑張ってください。
Posted by ヒロシ at 2013年10月28日 22:41
ヒロシさん、こんばんは。
ボディはよく乾燥したら、サイドのウィンカーの塗り分けとモール部分のスミ入れ。その後は軽く研ぎ出してコンパウンドで磨けばだいたいOKかなと思います。シートはかなり大きく肉抜きされているので、プラ板で塞ぐほうが楽そうです。
そろそろ年末に向けて、セリカLB ターボにも手をつけたいですね。(笑)
Posted by COLT-T at 2013年10月28日 23:14
サイドモールの色がスープラらしい高級感を出していると思います。
シートの背中は、いつもプラ板で塞いでいますが、結構楽に塞げています。

セリカ・ターボも楽しみにしています。
頑張ってください。
Posted by 日の丸航空隊 at 2013年10月29日 04:45
日の丸航空隊さん、こんばんは。

カーモデルをやり始めてちょっと驚いたのが、このシートの肉抜きです。塞ぐためのパーツは用意されていないことの方が多いんですかね?
30年以上前の製品でも、マルイの BMW はしっかりと塞ぐパーツがありましたよ。

まぁ、今回はプラ板で塞げば比較的容易に対応できそうですけどね。(笑)
Posted by COLT-T at 2013年10月29日 23:10
コメントを書く
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 可能な限り早急に表示させますが、遅れることもあります。
 SPAM 書き込みを排除するためです。ご理解下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79369576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック