2013年09月07日

タミヤ 1/24 トヨタ スープラ 製作記 第1回

皆さん、こんばんは。
9月も、はや1週間が過ぎようとしています。 まだまだ暑い日が続きますが、時折感じる涼しさに秋の足音が聞こえてきましたね。

さて、カーモデル2作目のスープラですが、ゆるゆると進めています。

24_supra-01_making01.jpg

まずボディをチェックして、パーティングラインやバリ取りを行います。
ヤスリとペーパーがけを行って、パーティングラインを落としました。 下の状態ではまだボンネットのパネルラインにパーティングラインが残っているので、このあともう少しペーパーをかけて完全に落とします。

24_supra-01_making02.jpg

さて、細かく見ていくと、リアバンパーに結構大きなヒケが・・・。また、スライド金型も消耗してきているようで、段差も結構大きくありました。

24_supra-01_making03.jpg

段差はヤスリがけでかなり目立たなくなったのですが、あまりかけ過ぎると形状が変わってしまうので、あとはパテのお世話になります。ヒケもパテを盛って修正します。

24_supra-01_making04.jpg

とりあえずここで乾燥待ち。
次回はパテ乾燥後の整形と、ボディの下処理を終わらせる予定です。
posted by COLT-T at 22:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | カーモデル
この記事へのコメント
一体成形の厚みがあるパーツはヒケがどうしても出てきますよね。
バンパーの面部分で良かったですね。
これが合わせ目付近だったりコーナー部分だったりしたら手間数も増えてしまいますからね。
無理せず、頑張ってください。
Posted by 日の丸航空隊 at 2013年09月08日 07:10
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
このキットも古いですから、金型が結構消耗しているようです。
スポット生産になっているのも仕方ないでしょうね。
Posted by COLT-T at 2013年09月08日 23:59
カーモデルはボディの下地処理が大事ですから、納得のいくまで慌てずにやるといいと思います。
頑張ってくださいね。
Posted by ヒロシ at 2013年09月09日 11:20
ヒロシさん、こんばんは。
おっしゃる通り、下地処理は前作の BMW でその大切さがよく分かりました。
丁寧に落ち着いて行うと、良い結果が得られるでしょうね。頑張ります。(笑)
Posted by COLT-T at 2013年09月10日 22:00
コメントを書く
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 可能な限り早急に表示させますが、遅れることもあります。
 SPAM 書き込みを排除するためです。ご理解下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74309342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック