2012年10月20日

1/72 スピットファイア MK.24 最終回

いきなりですが、完成しました。

72_spitfire_mk24_01-04.jpg

皆さん、こんにちは。
またまた間が空いてしまいすみませんでした。 グリフォンスピット MK.24 が完成しました。

前回のエントリーで終了した迷彩塗装の上に、ウォークウェイ ラインを吹きます。
デカールも用意されているのですが、いつも通り塗装で表現します。ここでもマスキングテープをケチらずに、しっかりとマスキングしましょう。
テープを剥がしてみると、おおっ!バッチリ上手く行きました。(^o^)v

72_spit_mk24_01_making10.jpg

このあと、主翼前縁のイエローも追加したところで、プロペラやスピナーなどの小部品も塗装し、全体にデカール貼り前のクリアーを吹いて表面の平滑性を上げておきます。

72_spit_mk24_01_making11.jpg

デカール貼りが完了。 完全に乾燥させた後、再びグロスクリアーをしっかりと吹いて、デカールを保護します。

72_spit_mk24_01_making12.jpg

スミ入れのタイミングは、モデラー各人によって異なると思いますが、私の場合はデカールを貼った後に行います。そうすることで、マークの色調が機体とよりフィットするからです。 但し、デカールを傷めないようにしっかりとクリアーを吹いて表面を保護してから行います。

スミ入れしたら、表面を整えるためのクリアーを吹いて、最後の仕上げとします。このクリアーは、再現したい艶の状況に合わせたもの(今回の場合は半ツヤ)を吹きます。

と言うわけで完成! 当初2週間くらいで完成するだろうと楽観していたのですが、簡易射出成型キットゆえのすり合わせや合いの調整などに手間取ったり、仕事で休日作業があったりで、結局当初予想の2倍近くかかってしまいました。(汗)
まぁでも、完成してしまえば苦労も忘れられるし、しばし自己満足に浸ることにしましょう。(笑)

72_spitfire_mk24_01-01.jpg

72_spitfire_mk24_01-03.jpg

72_spitfire_mk24_01-05.jpg

72_spitfire_mk24_01-02.jpg

過去の作品と並べてみました。
最初の量産型と最終量産型とのツーショット。MK.I も AZ model 製ですよ。

72_spitfire_mk24_01-06.jpg

グリフォンスピット同士のツーショット。 MK. XIV はフジミの製品です。

72_spitfire_mk24_01-07.jpg

と言うわけで、何とかこれで一安心。(笑)
次は零戦ですな〜。JMC までには間に合うかな。(^^;
この記事へのコメント
完成おめでとうございます、
今、AZのMk.1作ってますが手ごわくて
泣きそうですw
あのキットをこんなに綺麗に仕上げ
られるとは流石です。
実はアドミラルのシーファイアも
積んでますがどうしよう・・・。
Posted by やひち at 2012年10月20日 20:06
完成おめでとうございます。
お疲れ様でした。
いつも感心しているのですが、艶の具合が一段と良いですね〜。
スピットが完成したので、零戦いきましょう!
零戦。
ね。零戦。(シツコイ!)
Posted by 日の丸航空隊 at 2012年10月20日 20:26
完成おめでとうございます。
お疲れさまでした。
簡易キット故のトラップがあったようですが、さすがCOLT-Tさん。バッチリ仕上がってますね。カッコいいです。
JMCでジックリと拝見させてくださいね。
Posted by ヒロシ at 2012年10月20日 22:31
やひちさん、ありがとうございます。
AZ は簡イの中では平均的なものだと思います。むしろ筋彫りはかなり繊細で良い感じです。全般的にアバウトな内容なので、私の場合パーツの位置決めが曖昧な個所はプラ材で補強を兼ねたリブを追加して接着しやすくしたりします。
やひちさんの腕前ならちょろいちょろい。(笑)1つ作ればすぐに感覚が掴めますよ!(^o^)
Posted by COLT-T at 2012年10月21日 00:02
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
表面の艶ですが、最後のクリアコートで調整しています。そのモデルに一番似合いそうな艶具合を考えて調整しているんですが、殆ど自己満足のイメージですね。(^^;

ファインの零戦に着手しました。これ、恐ろしく出来が良いですねぇ。まだパーツを切り出して仮組みを始めたばかりですが、ビックリしています。
Posted by COLT-T at 2012年10月21日 00:06
ヒロシさん、ありがとうございます。
今日はご一緒できなくてすみませんでした。目的は果たせたでしょうか?

AZ 系はこれで3機目ですが、今回は結構大変でしたよ。胴体はフィレット部分の幅が細すぎて、プラ棒で中からつっかえ棒をかまして無理やり広げています。(笑)
例によってあちこち小さなミスがあったり、気が付かなかったことにした部分(笑)などがありますが、キット自体はプロポーションが良く、筋彫りも繊細なので、まぁまぁ満足しています。
Posted by COLT-T at 2012年10月21日 00:11
こんばんは。手ごわい簡イも卒のない端正な仕上がり、お見事です。
こんな風に組めたら・・・と思っている私みたいなビギナーにはありがたいです。ありがたく、色々盗んで頑張ります。
最初期型とのツーショットは最高の贅沢ですねー。
Posted by so-suke at 2012年10月21日 00:12
so-suke さん、ありがとうございます。
全然大したことやってないですよ。むしろ、ミスや手を抜いたところを如何に目立たなくするか、といったところです。(^^;

最初期型は、エアが出るまでこれと古いハセガワくらいしかなかったのですが、アンテナ線の部分は情報が無くて、単純な工作になっちゃってます。(苦笑)この部分は、後に so-suke さんの作品を拝見して知りました。(笑)

Posted by COLT-T at 2012年10月21日 00:32
完成お疲れ様です。
最初期型と最終型の2ショットは僕もやって見たいですw
ツヤのコントロールはお見事ですね。
大変参考になりました。
Posted by ドカ山 at 2012年10月21日 01:36
ドカ山さん、ありがとうございます。
これですぴっと祭りアイテムも出来て一安心です。(笑)
スピットは零戦同様、定期的に作りたくなるアイテムで、いつの間にか完成品も増えますね。(笑)
Posted by COLT-T at 2012年10月21日 17:00
遅ればせながら 完成おめでとうございます。

AZテイストをこんなにきれいに作るなんて
恐れいりました。
簡易は小物が厳しいですね。

スピナーの紅白が派手で良いですね。
Posted by JW at 2012年10月23日 01:44
JW さん、ありがとうございます。
簡イはやっぱり、手間が掛かりますよね〜。画像にするとアラが隠れて好都合(オイ)なんですけど、私の場合は如何にして手を抜いたところを誤魔化すか、がポイントです。(笑)

CMR のシーファイア、もう少しですね。次回お会いする際に是非拝見させてくださいね。
Posted by COLT-T at 2012年10月23日 23:48
遅くなりました 完成おめでとうございます
艶の感じがしっとりとして、きれいな仕上がりになっています。 デカールの上から墨入れされているのが驚きでした 上手く出来るものです。
Posted by あきみず at 2012年10月27日 20:31
あきみずさん、ありがとうございます。
私も以前はスミ入れ後にデカールを貼っていたんですけど、マークだけ汚れがなくて綺麗なのはおかしいと思い始めて、以来デカールを貼った後に最終的なウェザリングを施すように変更しました。しっかり密着させておけば、殆ど剥がれてくることはありませんよ。
Posted by COLT-T at 2012年10月28日 22:13
コメントを書く
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 可能な限り早急に表示させますが、遅れることもあります。
 SPAM 書き込みを排除するためです。ご理解下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59384070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック