2012年09月22日

爆弾処理その3 最終回

景雲が完成しました〜! ヽ(^。^)ノ

72_keiun_01_01.jpg

なかなかユニークなスタイルですが、近代的なアウトラインを持っているようでもあり、日本機らしからぬ魅力がありますね。

サフ吹きが終わったら塗装です。塗装の指示は上面はいつもの暗緑色で、下面は灰緑色です。
さらに組み立て説明書の解説によると、「関係者の談話によれば、各部の塗装については同じ空技廠で開発された銀河に準ずるようです。」と書かれています。
私がいただいたパッケージは初期の製品だったようで、塗装指示は現在の製品と異なっています。

現在は下面を橙色で塗られていた、との実機を見た方の証言に基づいているようです。それによると、上面は暗緑色であるものの、下面は他の試作機と同様に橙色になっています。

まぁ、ぶっちゃけどっちが正しいか分からんです。(笑) なので、自分の気に入ったほうで塗っちゃいました。
趣味の模型なんだから、それで良いんです。(^^)

途中の過程を飛ばしちゃって申し訳ないですが、ご覧の通り下面を灰緑色、上面を暗緑色と言うことにしました。
既に味方識別帯も追加してあります。 脚収納庫は機体下面色またはシルバーと書かれていましたが、ただでさえ地味なマーキングなので、少しでもカラフルにとシルバーで塗りました。

72_keiun_01_making08.jpg


72_keiun_01_making07.jpg

試作機ゆえ、マーキングは日の丸だけ! シンプルですな〜。(笑)
塗装でやっちゃおうかな、とも考えたんですが、お手軽モデリングをモットーに進めたかったので、デカールを使用しました。

72_keiun_01_making09.jpg

しかし、キットのデカールは黄ばんでいたため、蛍光灯スタンドを使って紫外線漂白を実施。丸二日程度光に当てたら、黄ばみが殆ど取れました。
とは言うものの、経年劣化は元に戻りません。このデカールでは経年のため糊が劣化しており、台紙から剥がれにくくなっていました。無理に外そうとするとデカールが割れてしまいます。 割れた部分は塗装でタッチアップしました。
景雲って、下面の日の丸も白フチ付きらしいですね。

72_keiun_01_making10.jpg

プロペラとコックピットが無いと、ジェット機と言っても通用するくらい、近代的なスタイルをしていると思います。

72_keiun_01_making11.jpg

で、完成! 前輪式の飛行機は今回が初めてです。
錘は当初考えていた以上の量を仕込んだので尻餅はつきませんが、完成までは心配ですね〜。(笑)

72_keiun_01_02.jpg

72_keiun_01_03.jpg

ジェット機のような機体も、プロペラともっこりした風防を付けた途端、試作機特有の野暮ったさが出てくるから不思議です。(^^;
試作機が好きな方には申し訳ないですが、個人的には試作機全般的にあまり良い印象がなくて、作ったことがありませんでした。
でも、製作の過程で今回のように、実機の独創的な技術の一端を垣間見た気がして、思いの外製作を楽しむことが出来ました。 今回で試作機を見る目が変わったかもしれません。
作左さん、ありがとうございました〜!楽しかったです〜!(^^)
この記事へのコメント
こんばんは。完成おめでとうございます!
サクッと完成させられていますが、毎回ながらのお手本のような仕上がりお見事ですね。
渋ーい半艶もイイ感じです。
キャノピーとペラが無ければ結構スマート?なジェット機に見えますね(笑)
Posted by so-suke at 2012年09月22日 21:48
so-suke さん、ありがとうございます。
なかなか面白い機体でしたよ。
ファインの古いキットなので、パーツの合いはあまり良くないんですが作りやすいと思います。

さて、次は零戦とスピット行きま〜す♪
Posted by COLT-T at 2012年09月22日 22:31
景雲の完成おめでとうございます。
当時の合いの悪いパーツを見事に処理されていて感服です。
下面の白縁付き日の丸は、やはり下面橙黄色の名残なのでしょう。
零戦頑張ってください。
Posted by 日の丸航空隊 at 2012年09月23日 07:01
完成おめでとうございます。

正直この機体はキットを見て
しりました。
こんな機体あるんですね・・・・・。

確かに近代的なフォルムですね。

次は?
Posted by JW at 2012年09月23日 09:11
完成おめでとうございます。
スッキリとした仕上がりでいいですね。
このキットって、あまり完成品を見ないのでJMCで拝見できるのを楽しみにしてます。
Posted by ヒロシ at 2012年09月23日 14:45
完成おめでとうございます
ユニークなフォルムの機体です 展示会でも
めったに見ない機体です かなりテールヘビー
なようで、おもりを入れる場所が厳しかった
のではないですか。本当にきっかけが無いと
作れないかもしれません。現に私は
まだ積んだままになっています。
Posted by あきみず at 2012年09月23日 16:22
日の丸航空隊さん、ありがとうございます。
近くで見ると、接着跡が消しきれずに残っていたりします。(^_^; まぁ、見つけても気が付かなかったことにして下さい。(笑)
日の丸航空隊さんのコメントでふと気が付いたんですけど、下面の日の丸に白フチということは、橙色の名残と言うよりも、白黒写真で見た橙色そのものだったのかも知れませんね。
それゆえ、現行の製品では下面を橙色としているんじゃないか、と思いました。
Posted by COLT-T at 2012年09月23日 23:34
JW さん、ありがとうございます。
かなりマニアックな機体なので、そもそもインジェクションキットが存在すること自体、奇跡ですね。(笑)
でも、製作はなかなか楽しかったですよ。
次もお祭りアイテムです。 今日からスピットに着手しました。
零戦も、注文していたデカールが届いたので、間もなく始めるつもりです。
Posted by COLT-T at 2012年09月23日 23:37
ヒロシさん、ありがとうございます。
思いの外カッコ良い機体でした。(笑)
私も今まであまり完成品を見たことが無かったので、新鮮な気持ちで取り組めましたよ。(笑)
Posted by COLT-T at 2012年09月23日 23:39
あきみずさん、ありがとうございます。
錘の仕込む場所がけっこう厳しかったですねぇ。(^^; 尻餅つかないように、主脚の位置を支点にして調整しました。
上手く隙間を使えば、それほど苦労することはないと思いますので、キットをお持ちでしたら、あきみずさんもいかがですか?(笑)
Posted by COLT-T at 2012年09月23日 23:43
コメントを書く
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 可能な限り早急に表示させますが、遅れることもあります。
 SPAM 書き込みを排除するためです。ご理解下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58438794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック