2012年09月17日

爆弾処理その2

皆さん、こんばんは。
まだまだ残暑が厳しいですねぇ。一体いつになったら秋らしくなるんでしょう?

さて、景雲です。
途中の画像を撮る間もなく士の字になりますた。
試作機って、大抵は野暮ったい造形が当然だと思っていましたが、こうしてみるとなかなかカッコイイかも知れません。
もこっとしたキャノピーが無ければ、近代的なスタイルですよ。

72_keiun_01_making02.jpg

前輪式なので機首に錘を入れたのですが、瞬着が外れて振るとカタカタ音が鳴ります。(^_^;
瞬着で固めただけなのがまずかったですね。飛び出してくる場所じゃないので問題は無いんですが、今後はポリパテを併用してしっかり固定しようと思います。

72_keiun_01_making03.jpg

コックピットの配色は推測も混ざっています。
でも、まぁまぁこんな感じで良いかな。

72_keiun_01_making04.jpg

72_keiun_01_making05.jpg

コックピットをマスキングして、サフを吹きました。
次は塗装ですが、パターンは戦争後半の暗緑色と下面の灰緑色だそうで、よく試作機に使われる橙色ではないらしいです。

72_keiun_01_making06.jpg

古い 1/32 をやった後なので、進むのがえらく早く感じます。 このくらいがメリハリが効いていてモチベーションが保ちやすいです。
明日(今日になりました)は3連休の最終日ですが、お金も無いので明日も引きこもって、製作追い込みと行きましょうかね。(笑)
この記事へのコメント
景雲なかなかいい感じじゃないですか。
機首のおもりの固定にはいつも苦労させられますね。
エポパテを使ったりヒッツキ虫使ったり、黒瞬使ったりしています。
実戦配備を想定した塗り分け塗装ですね。
かっこいいの期待してます。
Posted by 日の丸航空隊 at 2012年09月17日 04:51
日の丸航空隊さん、こんばんは。
前輪式の機体を作るのは、実は初めてでした。(^^;
今度はちゃんと固定しようと思います。
試作機は資料が乏しいので、逆にあまり悩まずに、キットの指定通りに作っています。(笑)
Posted by COLT-T at 2012年09月17日 19:10
コクピット色のお話参考になります
イメージを優先するのがいいですね。
景雲 私の持っているファインの箱絵は
下面黄橙色です 塗装指示も同じです
取説には2001と入っています。
Posted by あきみず at 2012年09月17日 20:25
あきみずさん、こんばんは。
うちの取説は 1996年でした。(笑)整備員の証言ということで解説されていましたが、考証が変わったんですかねぇ?
明確な写真も残っていないようですし、確認のしようが無いですね。いずれにしても、もう灰緑色で塗っちゃったし、このままで行きます。(^^;
Posted by COLT-T at 2012年09月17日 23:07
全面銀にラウンデルや★が付いていても
違和感が無いようなスタイルですね。
サクッと完成しそうですね。
楽しみにしております。
Posted by ドカ山 at 2012年09月17日 23:53
景雲実はキット持ってたりします。
で、確か私のも下面は黄橙色だったと…
まあ、試作機なのであまり神経質にならなくてもいいのではないでしょうか。

この頃のファインは合いとかイマイチだと思いますが、どうでしたか?
Posted by ヒロシ at 2012年09月18日 09:51
ドカ山さん、こんばんは。
デザインが近代的なので、おっしゃる通り鹵獲塗装も似合いそうです。(笑)
あともう少しで完成です。
Posted by COLT-T at 2012年09月18日 23:06
ヒロシさん、こんばんは。
そのパッケージは現在流通している製品みたいです。どうやら、後から黄橙色指示に変わったようですねぇ。うちのはパッケージも塗装図も灰緑色です。
また、パーツの合いは確かにイマイチです。主翼の取り付けには結構ギャップが生じるので、プラペーパーで埋めました。
Posted by COLT-T at 2012年09月18日 23:10
コメントを書く
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 可能な限り早急に表示させますが、遅れることもあります。
 SPAM 書き込みを排除するためです。ご理解下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58302569
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック