2012年09月11日

爆弾処理その1

皆さん、こんばんは。
ヘルキャットも完成し、やっとお祭りアイテムに着手ですよ。

At3oOXLCAAEJuha.gif

まずは爆弾処理(笑)の景雲
パーツを切り出してコックピット色を吹きました。 キットの指示は中島のコックピット色だったので、クレオスの No.127 をそのまま吹いてみました。
え〜、こんな色でいいの?

72_keiun_01_making01.jpg

とにかく、若干の違和感はあるものの、そのまま進めます。
今日はこれだけ。週末には士の字にしたいですね。
この記事へのコメント
中島系のコクピット色は私もいつも疑問に思ってます。本当にこんな色だったのかと。
なので、私はこれより緑を強めにしています。見た感じは三菱系より若干明るめという感じです。
Posted by ヒロシ at 2012年09月11日 10:57
こんばんは。
私もそう思っています。
でも、正しいみたいです。
ヒロシさんの仰るように、緑を少し足すといいみたいです。
ちなみに、隼は下地に黒を吹いて、その上からビン生で127番吹いちゃいました。(^^;)
Posted by 日の丸航空隊 at 2012年09月11日 21:22
ヒロシさん、やはりそう思われていましたか。 先日、大阪出張した際に、AGGRESSOR さんが話されていたんですけど、日本の航空技術って、アメリカや欧州から購入した機体がベースになっていて、その当時の機体内部色のカーキグリーン塗料もその時に日本に入ってきていた可能性が高い。だとしたら、日本もイギリスも、その他の国の機体内部色も、褪色や光の加減で、あたかもそれぞれ異なる色があったように思えるけど、実は全て同じだったかもしれない、と。 これって、仮説としても理に適っていると思うんですよね〜。
Posted by COLT-T at 2012年09月12日 00:15
日の丸航空隊さん、こんばんは。
この色、やっぱり若干濃いほうがしっくり来ますよね。(^^;
いつもコックピットはエナメルでウォッシングするので、黒系でやれば暗めになると期待しています。まぁ、あとは何とかなるでしょう。(笑)
Posted by COLT-T at 2012年09月12日 00:17
爆弾処理、本格稼働ですね!
32の大作の後は、72の強みを生かしてサクサク進めるのも一興かと思います♪
私事ですが商売でお馴染みの例のブツのコクピット、古い順に緑→クリーム→ブルーグレイ→ダークグレイと各国のコクピット色の見本のようです(笑)
あまり明るい色だと汚れも目立つし落ち着かないと思うのですが・・・真相を想像して塗るのも楽しいですね。
Posted by so-suke at 2012年09月12日 21:23
so-suke さん、こんばんは。
久しぶりの 1/72 はとても気が楽です。(笑)スピット祭りも始まりましたね。何でエントリーするか、迷っています。
1つは AZ のグリフォン、もう一つはハセガワにしようかな〜。
その前に零戦も JMC までに1機は作りたいですね。祭りの元締めが新作無し、と言うのだけは避けたいです。(^_^;
Posted by COLT-T at 2012年09月12日 23:42
コメントを書く
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 可能な限り早急に表示させますが、遅れることもあります。
 SPAM 書き込みを排除するためです。ご理解下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58153495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック