2011年05月16日

静岡ホビーショー 2011 レポート その3

最後はメーカーブースで目に留まったものを少々・・・。

その前に、今年も例年通り、自衛隊の車両が来ていました。 しかし、トラック1両と偵察用バイク1台のみの展示でした。
2ヶ月前の東日本大震災への復興支援で、大勢の自衛隊員が現地へ派遣されているためでしょうか。

shs2011_DSC_0759.jpg

展示規模は縮小していましたが、人気は相変わらず高く、子供たちとの記念撮影にも気軽に応じていました。
わが国の防衛と災害救援を担う皆さん!あなたたちは我々の誇りです。

shs2011_DSC_0775.jpg

屋外では、今年も高校生の吹奏楽で人気アニメのテーマ曲などを演奏。

shs2011_DSC_0761.jpg

さて、メーカーブースですが、サイバーホビーの 1/72 F6F-5N が漸くサンプルショットのお披露目。

shs2011_DSC_0762.jpg

主翼の折りたたみ機構はリアルに表現されているようですが、翼は広げてこそ意味がある、と個人的には思っている私としてはンなことどうでも良くて、肝心のプロポーションが心配。 触っちゃダメと書いているので、見ている限りではまぁまぁだと思います。 ただ、尾翼の先端が角張り過ぎているかなと思いました。 あと、形状もイマイチ合ってないような・・・。 でもまぁ、この程度なら修正も難しくないと思います。
胴体のライン取りさえ間違っていなかったら何とかなるでしょう。 なにせ、プラッツの 1/144 の胴体は修正にえらい手間がかかりますから。(苦笑)


shs2011_DSC_0763.jpg

ついに出た!タミヤの 1/32 P-51D ムスタング(マスタングじゃなくてムスタング)
テストショットを素組みしたサンプルを触らせていただきましたが、もはや何も言うことはありません。
あえて言うとしたら「早く出して」という言葉だけです。(笑)

shs2011_DSC_0765.jpg

下部カウリングの、厚みの逃げ方が巧妙。 説明は割愛しますが、カウリング自体もスピットの時よりも組み付け時に隙間が出にくく、かつプラの厚みを巧妙に逃げている発想に感心しました。

shs2011_DSC_0764.jpg

SWEET は、6月発売予定の二式水戦のパッケージ替え製品が、先行発売。
私も1箱ゲットしました。(笑)

shs2011_DSC_0766.jpg

場所を忘れてしまいました(確か、ミニカーのメーカー)が、ホンダ CB 750 Four の実車が!
いや〜〜〜、カッコいい! 子供の頃、4本まふりゃ〜が仮面ライダーのサイクロン号みたいで好きでした。もっとも、サイクロン号は6本でしたけどね。(笑)

shs2011_DSC_0785.jpg

後から知ったのですが、このおっちゃんが田宮俊作氏でした。
通りがかったら、書籍にサインしているので、とりあえず撮影しておいた次第。いや〜、模型は好きですが、この業界のことに関しては疎いほうなので、よく分からんのです。すみません。(^^;

shs2011_DSC_0786.jpg

ファインモールドのブースに、社有の 1942年式ジープが。
資料画像いただきです。(笑)

shs2011_DSC_0799.jpg

shs2011_DSC_0800.jpg

このザク頭は大迫力でしたね。 記念撮影する人たちで周囲がにぎわっていました。

shs2011_DSC_0801.jpg

以上が、今年の静岡ホビーショーを駆け足レポートです。
まぁ、趣味が偏っているとか、画像に全然まとまりが無いとか、撮るべきものを撮っていないとか、今回は何も考えずグダグダな紹介ですが、ご勘弁を。
次回は、もう少しマトモなものにしますので、またごひいきに。(笑)
posted by COLT-T at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡ホビーショー
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45213169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック