2011年03月20日

1/48 P-40E 製作記 第9回

さぁ、元気出していってみよう!

皆さん、こんばんは。
1週間のご無沙汰です。 あの震災以来、関東でも生活や仕事が大混乱しているのと、未だ止まぬ余震への不安で、とてもじゃないけどのんびり模型を作っている精神的な余裕がありませんでしたが、いつまでもこのままじゃダメですね。
被災者のことを考えると、計画停電なんてたいした事じゃない。 電車の運行が不安定だからって、命の危険があるわけじゃない。
今こそ、沈滞ムードを跳ね返して、同好の人たちに情報を発信することで、お互いに元気を取り戻そう!
というわけで P-40E 製作記、再開です。(^o^)ノ

さて、前回までに P-40E 機体番号 49 では、白帯の傾きが塗装図と実機写真とでまったく異なっていることが判明し、修正の必要があるというところまででした。と言うわけで、一度マスキングを剥がし、ラプロスで地を均してから再度インシグニアホワイトを吹きました。

48_p-40e_01_making34.jpg

乾燥したところで実機通りにマスキングをし直して、やっと修正完了。
下面のマスキングもやり直しました。

48_p-40e_01_making35.jpg

次に、上面のオリーブドラブを吹きます。

48_p-40e_01_making36.jpg

よく乾燥したら、マスキングを全て剥がし、光沢のスーパークリアーを吹いて全体をコーティング。

48_p-40e_01_making37.jpg

ん〜、まぁこんなもんでしょ。
よく乾燥したら、軽く地を均し、デカールを貼ります。
その前に、機首のタイガーのノーズアートは地が透けそうなので、デカールの位置にホワイトを吹いておく必要があります。
どうやるかは、これから検討しますが、デカールをなぞって紙を切り出して、それをマスキングに使うのが良いかなと思っています。
それは次回までの宿題ですね〜・・・。
posted by COLT-T at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | オオタキ48フィーバー
この記事へのコメント
コメントを書く
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 可能な限り早急に表示させますが、遅れることもあります。
 SPAM 書き込みを排除するためです。ご理解下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43931976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック