2011年02月27日

1/48 P-40E 製作記 第6回

現アリイ(旧オオタキ)の P-40E ですが、基本工作が続きます。

脚カバーを接着したあと、ガバッと隙間が生じるので、再びパテ埋めです。

48_p-40e_01_making21.jpg

さて、硬化させている間に機銃を作りましょう。
まず Φ0/9mm の真鍮パイプを切り出し、紙を巻きます。 コンビニのレシートを使いました。

48_p-40e_01_making22.jpg

次に、Φ1.6mm の真鍮パイプを切り出して中に入れると、ちょうどこんな感じ。
接着前なので中心が出ていませんが、接着時に調整するので問題なしです。

48_p-40e_01_making24.jpg

これを6個作ります。
実機はカバーから銃身は飛び出していないタイプを装備しているのですが、やはり模型的には僅かでも突出しているほうが映えるので、0.5mm 程度銃身を突き出してみました。 う〜ん、なかなか良い感じ!(自己満足)

48_p-40e_01_making25.jpg

さて、そうこうしているうちにエアコンの暖気に当てていたパテが硬化したようなので、削り出し。
ここはこんな感じで良いでしょう。
さて、これであとは失われた筋彫りを再生して、基本工作も大詰めです。

48_p-40e_01_making26.jpg
posted by COLT-T at 22:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | オオタキ48フィーバー
この記事へのコメント
はじめまして。ぴぃと申します。

ボクも模型いじりをしているのですが、COLT-Tさんのようにはなかなか作れません。
やっぱり基本がなってないんでしょうね。
こちらのブログで勉強させていただきます。
Posted by ぴぃ at 2011年03月01日 08:55
こりゃもうすぐ抜かされそうですね。
私も頑張らないと・・・
Posted by ヒロシ at 2011年03月01日 13:57
ぴぃさん、初めまして。

お越しいただいてありがとうございます。
いや〜、私なんてまだまだですよ。(笑)
私も始めの頃はイメージ通りに作り上げるのは苦労しましたよ。

私なりのコツですが、段取りを考えて作ることと、あわてないこと、ですかね。
この2つを常に意識して作るようになってから、ミスが減りましたよ。
と言っても、一番大切なのは楽しんで作ることじゃないでしょうか。(笑)

これからもよろしくお願いしますね。

Posted by COLT-T at 2011年03月01日 21:09
ヒロシさん、こんばんは。
今度の週末までにはサフ吹き〜塗装と行きたいところですが、ここの所仕事が忙しいので、なかなか思ったように進みません。

ヒロシさんは、アチラの方を優先的に進めなければならないので大変ですよね。
と言いつつ、手の早いヒロシさんですから、手の遅い私はあっさり抜かされるんですわ、たぶん。(爆)
Posted by COLT-T at 2011年03月01日 21:14
コメントを書く
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 可能な限り早急に表示させますが、遅れることもあります。
 SPAM 書き込みを排除するためです。ご理解下さい。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43611972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック