2015年04月19日

タミヤ 1/32 零戦52型 最終回

皆さん、こんばんは。

零戦が完成しました。
それでは、前回の続きから完成までをご報告します。

32_a6m5_01-004.jpg

塗膜保護のクリアーを吹いた後で、機体番号などの細かいデカールを貼りつけました。貼り付け後に、今度はデカール保護とスミ入れのために、再びクリアを吹きます。 ツヤも整ってきて、良い感じです。
しかし、機種部分に接着跡の肉ヒケが・・・! うむむ。ここまできたら後戻りはしたくないので、仕上げの半ツヤで目立たないだろう、と言うことで突っ走ります。(爆)

32_a6m5-01_making059.jpg

プロペラも丁寧に塗り分けて、組み立てます。

32_a6m5-01_making058.jpg

20mm機関砲は、真鍮引き物のアフターパーツを使用します。

32_a6m5-01_making062.jpg

F6F の時と同じく実銃用のガンブルーで黒染め。
防錆剤として一般的なものだと思います。東急ハンズでもおそらく入手できたと思います。

32_a6m5-01_making061.jpg

こんな感じ。 なかなか本物っぽくなりました。(笑)

32_a6m5-01_making062.jpg

機体のほうは、スミ入れの上から仕上げのクリアを吹き、塗装が完了。
完成までもう一息です。

32_a6m5-01_making063.jpg

空中戦は、52型の折り返しタイプを再現すべく、プラ棒にドリルで穴を開けて碍子を作成しました。
こちらは垂直安定板へ取り付けておきます。

32_a6m5-01_making064.jpg

アンテナ線は支柱の付け根から伸ばし・・・

32_a6m5-01_making065.jpg

碍子に乗せて折り返します。

32_a6m5-01_making066.jpg

支柱先端に固定して、接着剤が固まったら余った線を切り取ります。
他に、主脚や尾輪、翼端灯、編隊灯などの小物部品を順次取り付けました。

32_a6m5-01_making067.jpg

遂に完成! 着手から2ヶ月半くらいでしょうか。

32_a6m5_01-001.jpg

32_a6m5_01-002.jpg

32_a6m5_01-005.jpg

32_a6m5_01-007.jpg

32_a6m5_01-008.jpg

32_a6m5_01-003.jpg

32_a6m5_01-006.jpg

32_a6m5_01-009.jpg

1/32 というビッグスケールでしたが、さすがタミヤ。 ストレスを感じることはほとんど無く、終始楽しく製作することが出来ました。
パーツ構成の巧みさ、1/48 並みの手軽さ、全てにおいて知性を感る素晴しいキットでした。
以前製作した F6F-5 と並べてみたいという希望が叶えられて、大満足です。(笑)


posted by COLT-T at 22:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 零戦