2013年11月24日

タミヤ 1/24 セリカ LB ターボ Gr.5 製作記 第2回

皆さん、こんばんは。
この週末は天気が良くて、小春日和の良い休日でしたね。

さて、セリカ LB は、表面処理が終わって、ボディの塗装まで進みました。
まずはお約束のサフ吹き。シャーシも整形色が真っ黒なので、一度サフを吹いて下地を整えます。

24_Celica-01_making11.jpg

なにぶん古いキットなので、整形色が塗装をあまり考慮していない色をしているため、まずは表面を整える意味も兼ねて、パーツを切り出してパーティングラインの処理を行った後、サフを拭きました。

24_Celica-01_making12.jpg

次に、ボディカラーを吹くのですが、その前に一手間かけます。
カーナンバーの部分は白地に番号が重なるデカールになっています。このデカールはオフセット印刷で、白地が透けてしまいそうだったので、あらかじめ白を吹いてマスキングすることにしました。
ちょうどデカールに保護用のパラフィン紙が付いていたので、輪郭を薄く書いた上にマスキングテープを乗せ、ボールペンで輪郭をなぞってから切り出しました。

24_Celica-01_making13.jpg

これで白を吹いた上に貼り付けて、マスキングをしました。

24_Celica-01_making14.jpg

マスキングのサイズはデカールと殆ど同じなので、実際にデカールを貼ったらはみ出したりずれたりする可能性がありますが、あとでタッチアップすれば何とかなるでしょう。(笑) タッチアップしても、グロスクリアーで厚めに保護すれば目立たなくなります。

24_Celica-01_making15.jpg

ようやくボディカラーを吹きました。
色ですが、ブルーインパルスのフタロシアニンブルーと、ブルーエンジェルスの FS15050 のどちらかにしようと思っていましたが、ブルーインパルスは比較的明るめなのに対して、ブルーエンジェルスは若干深めのブルーで、自分のイメージはこちらの方が合っていたので、ブルーエンジェルスカラーの FS15050 に決めました。

24_Celica-01_making16.jpg

というわけで、今回はここまで。
今週は仕事が忙しくなりそうなので、次の週末まではあまり進められないカモ〜。

●フジミ 1/48 RX-7 プチ製作記 第2回

前後のバンパーを接着した後で、隙間をパテ埋めして整形。

48_RX-7-01_making02.jpg

テールランプ周辺は大きな隙間が開いてしまうので、プラ板で修正しました。
ここは結構手間がかかりました。

48_RX-7-01_making03.jpg

パーツをつけると、ぴったり収まるようになりました。\(^o^)/

48_RX-7-01_making04.jpg

まだ少し隙間が開いているところがあるので、あとでもう少し直しておきましょう。

48_RX-7-01_making05.jpg

もう少し修正と表面処理を行ったらサフ吹きが出来るでしょう。
※ササッとやるつもりが、凝り性の悪い癖が...。(苦笑)
 
posted by COLT-T at 22:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | カーモデル

晴天の晩秋は・・・お宝もゲット(笑)

皆さん、こんばんは。
この土日は本当に良い天気でした。

紅葉を求めて、カメラ片手に近所を散策してきたのですが、あいにく綺麗な色に巡り合えず...。
それでも、ポカポカとした小春日和の中、気分転換にはちょうど良いお散歩でしたよ。

20131124_DSC_1239m.jpg

20131124_DSC_1240m.jpg

20131124_DSC_1241m.jpg

20131124_DSC_1260m.jpg

20131124_DSC_1262m.jpg

20131124_DSC_1282m.jpg

さて、話は2日前の金曜日に遡りますが、某リサイクルショップにてコイツらを救出してきました。

shopping2013112201.jpg

マジステールは、ここ数年で2回も再販がかかっていましたが、タイミング悪く2回とも買いそびれていたので、古い黒箱でしたが幸運にも手に入れることが出来ました。 新品のシュリンクがかかったままでしたので画像は撮ってませんが、あとで中を確認したらデカールも状態は良さそうでした。

shopping2013112204.jpg

モノグラムのキングフィッシャーは、エッチングパーツ付き。
ごく一時期に限定的に流通していたものだと思います。

shopping2013112202.jpg

コックピット内部とエンジンのプラグコードのみですが、必要十分だと思います。

shopping2013112203.jpg

最後はタミヤでスポット生産されているカウンタック LP400 です。これも最近見かけなくなりました。

shopping2013112205.jpg

これを入手した理由は、タイヤ+ホイールをマルイの再販品(黒箱)に流用したいと思ったからです。上手く流用できそうなら、モーターと LED をしっかり組み込んで、キットの仕様通りのフルギミックで作ってみたいですね。(笑)

で、このタミヤのキットにはマルイの5つ穴ホイールを使って、素組みでも良いかな。せっかくのキットは無駄にせず、ちゃんと作りましょう。(笑)

shopping2013112206.jpg

余談
ご存知の通り、スーパーカーブーム真っ只中に登場し、当時傑出の出来でその後のモデラーに幻のオーパーツとまで言われた伝説のマルイ カウンタック。(大袈裟? 笑) シリーズ化されたほかの車種のキットも多くが恐るべき完成度を誇っていました。 その後このシリーズは 1990年頃に最初で最後の復刻再生産を果たし、そのまま市場から消えました。
再販当時に私もカウンタックは確保しておいたのですが、残念ながら発売当時と同じではなく、リアウィングをはじめとしたエアロパーツを身にまとった LP500 でした。 私は LP400 が作りたかったので、それらのエアロパーツを使わなければ良いのですが、致命的なことにホイールが LP400 のものではなく、5つ穴の空いたものに変わっていたのでした。
随分経ってから聞いた話では、当時の金型が破損していて LP400 のホイールは永久に失われてしまったとのこと。
たぶんそれで、再販するにあたりカウンタックだけはエアロパーツやホイールを新造し、発売したのでしょう。

今月はいろいろと出費が多く、大変でした。
最後の最後にもこのような散財をしてしまい、赤字にならなかったのが不思議なくらい。(^_^;
来月は年末年始のことも考えて、なるべく無駄な出費をしないように気をつけなくてはならないですね。(苦笑)
 
posted by COLT-T at 18:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記