2013年11月18日

タミヤ 1/24 セリカ LB ターボ Gr.5 製作記 第1回

シルエットフォーミュラ万歳。

sf2013ss.jpg

皆さん、こんばんは。

さて、スープラの次はその前身である初代セリカ LB がベースとなったシルエットフォーミュラ マシン。 スーパーカーブームの世代にはお馴染みですね。 BMW に続いて、開催中のシルエットフォーミュラ祭りにエントリー予定の1台です。
って言うか、とっくに画像送ってるので、早くエントリー表明アップしてねん〜。(笑)>ドカ山師匠

20131116-04.jpg

早速製作に入りましょう。
まず、前作の教訓として、ウィンドウパーツをマスキングテープで保護しました。これで仮組み時のフィッティング確認も安心して行うことが出来ます。

24_Celica-01_making05.jpg

次に、ボディの下ごしらえ。
バリやパーティングラインをペーパーで消しました。 さすがに古いキットですから、所々金型の疲弊が見られますね。

24_Celica-01_making06.jpg

なかでも、リアハッチが若干歪んでおり、ウィンドウをはめ込むと隙間が空いてしまうので、プラ板を貼り付けて調整しました。

24_Celica-01_making07.jpg

こんな感じ。 この後もう少し調整した後、改めてウィンドウをはめ込んでみると、見事にピタパチになりました。\(^o^)/

24_Celica-01_making08.jpg

次に、内装パーツの下ごしらえを行いました。画像には写っていませんが、殆ど全てのパーツのパーティングラインを消して、サフ吹きを行うことが出来るようにしてあります。

24_Celica-01_making09.jpg

メッキ部品は、キッチンハイターに漬けてメッキを落としましたが、ヘッドライトだけはメッキを生かそうと思い、そのまま使うことにします。

24_Celica-01_making10.jpg

さて、これでサフ吹きを行う準備が整いました。
とりあえず今日はここまで。

●フジミ 1/48 RX-7 プチ製作記
シンプルなキットなので、この際一緒に進めようかと。(笑)
まず、前後のバンパーを接着しました。 とりあえず今日はこれだけ。

48_RX-7-01_making01.jpg

仮組みすると、結構あちこちに隙間が出来るので、パテやプラ材を駆使して成型してやらんとイカンです。
こっちはゆるゆる進行ということで。(笑)

ではまた次回。
posted by COLT-T at 23:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | カーモデル